お問い合わせ

お知らせ

台湾高速鉄道=駅構内や車両でARが楽しめるサービス提供

台湾高速鉄道と国家文化芸術基金会は、台湾高速鉄道の各駅や車両内、あるいは磁気乗車券の裏面など、特定の画面やQRコードをスマホでスキャンすれば、360度パノラマAR(拡張現実)を楽しめるサービスの提供を始めた。無料の専用アプリ「台湾高鉄ARt」をダウンロードする必要がある。科学技術と芸術コンテンツを融合させた試みで、台湾高速鉄道では、台湾高速鉄道を使った旅の過程でARコンテンツを楽しみ、自分の内面と向き合い、対話する機会を得ることが出来ると説明している。サービスの提供は4月末まで。